仏性って、意識って、わかんないから関係無い、ではもったいないッス

「仏性とは意識のことですね」と坐禅中に思ってしまったので備忘録に。

「道元禅師の言われた『人人皆備われり』、『未だ修せずんば現れず』とは、意識は誰でも備わっていますよね、それどころか自分そのものです、だから主、あるいは主人公といわれてます、それで意識で脳を制御しなさいと、本能つまり煩悩を支配しなさいということです」


「脳は遺伝子で初期設定されて環境でアップデートするような物質的なものです、タンパク質で構成されて電気パルスと化学物質の変化で動いています」


「対して、意識はどこから発生するのか、何をエネルギーにしているのか等、科学的なことは何も解明されていませんが、私にも他人にも環境にも過去にも未来にもそして現在にもすべてに影響を与えるづけていることだけは反論の余地のない事実です」


「しかし、普段は無意識に行動しており、意識は説明や自我の確保のために使用している、というのが大部分を占めています」


「実際、自分がルーチンワークなどで自動運転している様を観察すると、環境で備わった手続き記憶や生まれつき備わっている本能的な行動で意識の関与無しに行動出来ている事がわかります」


「また、意識が真に必要とされ真価を発揮するのは、新たな判断や過去の習慣や反応に反する必要のある時だと実感することもよくあります」


「初めて火を使い出した人類は『ファラデーのロウソクの科学』は読んでなかったはずですが火を使って生活を変えました。また、火を使う事で脳を進化させたのも事実です」


「同じように、科学的に何一つ解らない意識が、脳から発生する創発現象でも、内なる霊的な存在でも、神や偉大な何者かに与えられたあるいはその一部でもなんでもいいです、ただ、既に備わっている意識を上手に使うことです」


「限定されることの出来ない意識は、無限の広がりと可能性を持っていると言っても言い過ぎではないでしょう」


「時に、悩み苦しむ時に何か心の奥底で腹立たしく思うのは、意識を持っていても使いこなせていない、過去の習慣に無条件に疑いなく従い、憂い悲しみのループの中で意識を浪費しているのが感じられるからではないでしょうか?」


「意識で脳が変わります、身体も変わります、環境も変わります、現在はもちろん未来も変わります、すべて因果関係から免れるものはありません、諸悪莫作、衆善奉行、自浄其意です」


「意識は無限ですが、しかし、この身体の時間は有限です、光陰虚しく過ごすことなかれです」


「余談ですが『主人公!』『ハイ!』『主人公!』『ハイ!」と自問自答し続けた禅僧の話も有名です」


「話は飛びますが、意識が私とすれば有るとか無いとか言えなくなります、死ぬとか生まれるとかも限定できなくなります、不安、恐れが生まれる必要もないでしょうし執着出来ない現象であるとも思えてきます」


で、結局のところ話をまとめるとこうなるだけです(笑)


意識が仏性だと言われたら、スゲ~オレ持ってんじゃん!あとテクニックと根性だけってマジかよ〜ちょっと修行してくる!ってなるよね。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。