白隠禅師が授けた禅病で死なないための健康法を整理してみました。

白隠禅師が禅病で死屍累々の若者たちを憐れんで授けた、死なないための健康法みたいな「夜船閑話」を読んでみましたので坐禅に役立つかと思い適当にまとめてみました。

呼吸
禅や武道あるいは中国の太極思想に丹田呼吸と呼ばれる呼吸法があります。
普通の呼吸とどう違うのかというと、まず普通の胸式呼吸は胸を広げて息を吸い、広げた胸を縮めて息を吐きます。
対して腹式呼吸は横隔膜を上げ下げすることで肺を広げたり縮めたりし、呼吸を行います。横隔膜を縮めて下げると肺に息が入ります、この時お腹は膨らんでいきます。
横隔膜を緩めて上げるとお腹は引っ込み肺から息が追い出されます。
次に丹田呼吸は、丹田という仮想空間を意識することで横隔膜が上げ下げし、結果として肺に息が出入りする呼吸法です。
丹田とはまず、筋肉で出来た丸い風船のような物をお腹の中、おへその下3㎝くらいの所にあるように想像します。
その丹田という風船を縮めて小さくしていくと自然に横隔膜が引き下げられて息が入ってきます。
次にその縮んだ風船を膨らませていくと横隔膜が押し上げられて息が出ていきます。
イメージは上記のようなものですが、なぜ丹田呼吸がいいのか?というと骨盤・背骨・大腸などを取り囲む筋肉(インナーマッスル)がストレッチされ強化されると、自律神経や神経伝達物質の動きが自然になり心も体も落ち着きと健康を取り戻すということらしいです。
昔から腹が座る・胆が太いなどの言葉の多くも呼吸の経験から来ているようです。
白隠禅師の「内観」は普通に言う「内なる心を観じる」ではなく、「腹の内側を観じる」でしょうか?太極拳や八卦などもそのようです。

全身を意識する
簡単には、立っている状態あるいは坐っている状態で身体の力を抜いてまっすぐ楽にし、頭の上から液体が流れ落ちる感覚を想像して、流れとともに身体の部分に意識を流していくイメージです。
白隠禅師の「軟蘇の法」などはユニークですが、太極思想の「放松功」簡略バージョンがわかりやすいのでそちらで説明します。
まず体をまっすぐにして坐ります、椅子でも胡坐でもかまいません、手は膝上に手のひらを上にして楽に置くか、座禅のようにお臍の前で丸く環を作るように両手を置きます。
次に、頭の上から何か液体のようなものが流れ降りるようなイメージで頭のてっぺんから鼻、のど、胸、お腹、腰、右の太もも、右の膝、右の脛を通り、右足の裏から出てくように想像します。
同じように、頭のてっぺんから鼻を通って同様に腰まで流れ、今度は左の太もも・膝・脛を通り左の足裏から出てくようにイメージします。
そうしたら今度は、頭のてっぺんから右の耳を通り右肩・右腕・右ひじ・右手のひらから出てくようにイメージします。
また同じように、頭のてっぺんから左の耳・左肩・左腕・左ひじ・左手のひらから出ていくようにします。
次には頭のてっぺんから後頭部・首の後ろ・背中の背骨に沿って・骨盤まで流れ、右足のももの内側・右ひざの内側・右ふくらはぎの内側を通り、右足の踵から流れ出ていくようにします。
同様に頭のてっぺんから後頭部を通り、腰の骨盤から左太ももの内側・左ひざの内側・左ふくらはぎの内側を通り左踵から出ていくようにします。
力を抜き、ゆったりと流れるイメージを作って全身を感じていきますが、何が流れるかはそれぞれみたいです。気が流れるという人もいますし、水や油、なかにはヨーグルトをイメージすることもあるようです。違いは粘性と速度のイメージによるものと思います。

仰向けに寝ているときには両足を揃えて伸ばし、さらにグーッと腰から足先の踵まで力を感じて伸ばします、フ~ッと力を緩め、またグーッと伸ばします。
猫や犬の伸びみたいなものですが、どう効果あるか?というと、鬱血しやすい足を意識することで第二の心臓であるふくらはぎを活発にする健康法のようです。
良寛さんがあばら家で「米三升と薪が少し、あとは足を揃えて伸ばせば十分だ」と言ったのも有名な話ですので、寒い夜には布団の中で行えばあったかさと熟睡度も増すのではと思います。
スポンサーサイト

般若心経のことなどをボソボソと



坐禅会や法事などで般若心経を読んだりする機会がある方も多いと思います。
短いお経なのですが「漢字なので意味がよく解らない」という事も聞きます。
般若心経は間違い!って聞いたから、拒絶します!と言うことも聞きます(笑)
ということで、嫌でも般若心経を読むハメになったら、嫌悪してもよくないし、ボーッとしててももったいないので「最低これだけ解れば読んだ価値があります」というような事を思ったのでメモしておきます。

実は冒頭の一節だけで終わらせてもいいくらいなのです。
というか、そこだけで十分です、後は説明と蛇足と宣伝と付録のようなものだと思っていますので。m(_ _)m怒らずに最後までお付き合いを。

さて、とりあえずお経の名前の意味をざっと言うと。
『摩訶般若波羅蜜多』とは
まか=とっても大きな、はんにゃ=智慧、はらみった=悟りの、つまり「この上もない悟りの智慧」というほどの意味です

では、いよいよ、冒頭の一節はというと
「観自在菩薩行深般若波羅蜜多時、照見五蘊皆空、度一切苦厄」です、おおまかな意味は

「観音様が、悟りの智慧を深く行じていた時に、「五蘊皆空」を明らかに見られて、すべての苦しみ悩みが消え去りました」

ということらしいですが、さらに要約すると
「Aさんが「五蘊皆空」を悟ってすべての苦しみが無くなりました」となります(笑)

”五蘊皆空”がキモですね。つまり、”五蘊”は皆な”空”なのです。
五蘊とは身体と心のことです。
色・受・想・行・識の五つの現象ことです。
それぞれ適当に言うと。

:物質的な物、つまり身体のことです。
:感受、いわゆる、楽・苦・楽でも苦でもない、などの見たり聞いたりした瞬間に起きる”言葉以前”の反応です。さらにはビクッと身体が反応するより前の反応です。
:見たもの聞いたもの等を”知る”という反応です。とっさに想い浮かぶ、赤い、白いのような考え以前の反応です。
:意思みたいなもの「ああしよう、こうしなければ」という原動力になる反応です。
:認識、「あれである、これである」等と、見たもの聞いたもの等を”識る”という反応です。
ちゃんと知りたい人は調べたほうがいいですが、だいたいこのようなものらしいです(笑)。

では、それら身体と心が”空”とはどういうことでしょうか?

まず、お経は二人称の会話形式で、聞く人読む人に理解してもらうような書き方が多いので、この場合も目についた経典から引用してみます。
私たち一般人の代表としてジャイナ教の祖ニガンタさんの弟子サッチャカさんに登場してもらいます。
血気盛んなちょっと天狗なサッチャカさんは、お釈迦様が常に説いているという教えを伝え聞いて、それは間違っている、私がお釈迦様を説き伏せて考えを改めさせよう、と考えました。 『パーリー経典中部 小サッチャカ経 片山一良訳』大蔵出版参照

お釈迦様が多く説かれていることは次のような事でした。
「色は無常である。受は無常である。想は無常である。行は無常である。識は無常である。」
「色は無我である。受は無我である。想は無我である。行は無我である。識は無我である。」


お釈迦様に会ったサッチャカは次のように問いました。
「大地を基としてそこから多くの植物が成長するように、身体を我とするこの人間は身体を基としてあらゆる行いを生みだします。受を我とするこの人間は受を基としてあらゆる行いを生みだします。想を我とするこの人間は想を基としてあらゆる行いを生みだします。行を我とするこの人間は行を基としてあらゆる行いを生みだします。識を我とするこの人間は識を基としてあらゆる行いを生みだします。」

お釈迦様はこのように言われたそうです。
「あなたは、色は私の我である。受は私の我である。想は私の我である。行は私の我である。識は私の我である。と言うのですか?」

※以下サッチャカの答えは「その通りです」と言うか、答えられずに沈黙するかでしかないので省略します(笑)

「たとえば、絶対的な統治権力をもった国王は罪人を裁いたり処罰する力を行使することが出ますよね」

「では、おなじようにどうでしょうか?」

「あなたはあなたの色(身体)に対して、私の色はこのようになれ、私の色はこのようになるな、というふうに力の行使ができますか?」

「あなたはあなたの受(感受性)に対して、私の受はこのようになれ、私の受はこのようになるな、というふうに力の行使ができますか?」

「あなたはあなたの想(想念)に対して、私の想はこのようになれ、私の想はこのようになるな、というふうに力の行使ができますか?」

「あなたはあなたの行(意思)に対して、私の行はこのようになれ、私の行はこのようになるな、というふうに力の行使ができますか?」

「あなたはあなたの識(認識)に対して、私の識はこのようになれ、私の識はこのようになるな、というふうに力の行使ができますか?」


「では、次にこれはどう思いますか?」

「色(身体)は常(永遠不滅)なるものでしょうか、それとも無常(変化消滅するもの)なるものでしょうか?」

「では、無常なるものは苦(思いのとおりにならない不満足)ですか、それとも楽(思いの通りなる満足)ですか?」

「では、無常であり、苦であり、変化消滅する性質のものを、これは私のものである、これは私である、これは私の我である、と見ることは適切なことでしょうか?」

「受(感受性)は常(永遠不滅)なるものでしょうか、それとも無常(変化消滅するもの)でしょうか?」
「では、無常なるものは苦(思いのとおりにならない不満足)ですか、それとも楽(思いの通りなる満足)ですか?」
「では、無常であり、苦であり、変化消滅する性質のものを、これは私のものである、これは私である、これは私の我である、と見ることは適切なことでしょうか?」

「想(想念)は常(永遠不滅)なるものでしょうか、それとも無常(変化消滅するもの)でしょうか?」
「では、無常なるものは苦(思いのとおりにならない不満足)ですか、それとも楽(思いの通りなる満足)ですか?」
「では、無常であり、苦であり、変化消滅する性質のものを、これは私のものである、これは私である、これは私の我である、と見ることは適切なことでしょうか?」

「行(意思)は常(永遠不滅)なるものでしょうか、それとも無常(変化消滅するもの)でしょうか?」
「では、無常なるものは苦(思いのとおりにならない不満足)ですか、それとも楽(思いの通りなる満足)ですか?」
「では、無常であり、苦であり、変化消滅する性質のものを、これは私のものである、これは私である、これは私の我である、と見ることは適切なことでしょうか?」

「識(認識)は常(永遠不滅)なるものでしょうか、それとも無常(変化消滅するもの)でしょうか?」
「では、無常なるものは苦(思いのとおりにならない不満足)ですか、それとも楽(思いの通りなる満足)ですか?」
「では、無常であり、苦であり、変化消滅する性質のものを、これは私のものである、これは私である、これは私の我である、と見ることは適切なことでしょうか?」

「私の弟子は、いかなる色も過去現在未来であれ、身体の内も外であれ、つまらないものでも立派なものでも、これは私のものではない、私ではない、私の我ではない、と如実に正しく智慧をもって見ます」
「私の弟子は、いかなる受も過去現在未来であれ、身体の内も外であれ、つまらないものでも立派なものでも、これは私のものではない、私ではない、私の我ではない、と如実に正しく智慧をもって見ます」
「私の弟子は、いかなる想も過去現在未来であれ、身体の内も外であれ、つまらないものでも立派なものでも、これは私のものではない、私ではない、私の我ではない、と如実に正しく智慧をもって見ます」
「私の弟子は、いかなる行も過去現在未来であれ、身体の内も外であれ、つまらないものでも立派なものでも、これは私のものではない、私ではない、私の我ではない、と如実に正しく智慧をもって見ます」
「私の弟子は、いかなる識も過去現在未来であれ、身体の内も外であれ、つまらないものでも立派なものでも、これは私のものではない、私ではない、私の我ではない、と如実に正しく智慧をもって見ます」

「サッチャカ君、実に、これにより阿羅漢となり煩悩を滅尽し、解脱した者となります」

つまり、「五蘊皆空、色受想行識が皆、無常・無我であること悟って解脱に達します」ということでしょうかね。

ここでは、空=無常・無我、ですね。

たった一言の”五蘊皆空”を考えるにも、一つの経典からかなり端折ってこれだけのものになります。
同様なことを、様々な切り口で膨大な経にあげられているので、是非たくさんの※経典を読んでみると面白いですよ。

※ 阿含経典:パーリー経典は、”わかりやすさ”のせいで”初心者向けの優しい説法”だと、古代の中国で判別させられたが為にあまり採用されませんでした、日本では馴染み薄いのが残念ですが、現在は書店で手に入れることができるという、日本歴史上最良の境遇ですので、生きている内に読まないともったいないです、つぎにはお経すら無いマッドな世の中になってるかもしれませんよ~(笑)

スマナサーラ長老と板橋興宗禅師の対談in御誕生寺

IMG_20130601_155714_379 (360x640)

IMG_20130601_151746_802 (640x360)

 平成25年6月1日御誕生寺本堂でのスマナサーラ長老と板橋禅師の対談が無事終了しました。

 どうなることかと心配しておりましたが(笑)、金光寿郎様の見事な司会とスマナサーラ長老の暖かな思いやりで、修行僧にとっては法話以外の何者でもない有意義な経験をさせていただきました。

 私としては、いつも飄々と玉を霞に隠してお話になる板橋禅師に対して、修行僧を含め周りの反応が軽々しく感じ「禅師様は悟りを掴んでいる御方だから真剣に御話を聞くように」と事あるごとに在家出身の新到には言ってましたが、今回はスマナサーラ長老がピシャリと仰って下さいまして、心底感動いたしました。

 「御釈迦様の悟りは一つですから、大乗仏教の悟りだとか、テーラワーダの悟りだとか違いがあるはずが無い」
この御言葉に大いなる力を頂きました。

 この有難い法縁を下さったすべての方に感謝いたします
 この法話の真理の言葉によってすべての生きとし生けるものが幸せでありますように

在家の人が曹洞宗の僧侶になるには

在家から曹洞宗の僧侶になるには

まず、曹洞宗の僧侶には四つの位階があります。
解かり易く書いたつもりですが、決して冗談ではありません(笑)。

1・上座:弟子になることを許された者。「得度」といいます。
2・座元:修行僧のリーダを勤め、問答を勝ち抜いた者。「立身」といいます。
3・和尚:師匠から秘伝を伝授された者「伝法」といいます。
     (ここでやっと黒以外の色お袈裟を着ける許可が降ります。)
4・大和尚:自ら修行僧を集め、修行を行い、弟子を育て上げた者。

つぎに、僧階には十の位階があります。

1・大教正
2・権大教正
3・大教師
4・権大教師
5・正教師
6・一等教師
7・一等教師補
8・二等教師 (二等教師資格が得られれば、小さなお寺の住職資格が得られます。)
9・二等教師補
10・三等教師

では、段階を追って説明します。

1・まず、出家させてくれる僧侶を得る。・・・「得度」をしてもらい、「出家」の身となる。
  
2・本山(永平寺や総持寺)や地方僧堂に入る。・・・「掛塔」といいます、「修行僧」の身となる。 「雲水」さんです。

3・制中(夏又は冬の集中修行のことです)の期間中、修行僧のリーダーとなって僧堂を仕切る。・・・「首座」といいます。

4・制中の最後に修行僧らと問答を戦う・・・法戦式を行ないます。

5・法を継ぐ師匠を得て、「伝法」してもらいます。・・・お釈迦様から達磨さんを経て自分まで法系がつながります。

6・学歴・取得したい教師資格・自分の技量・身の振り方・修行に納得がいったか・等色々考慮して僧堂を下りる決心をします。

7・永平寺と総持寺の両本山で一夜住職を勤めます。・・・「瑞世」といいます。

8・以上でやっと、「和尚」と呼ばれる位階になります。

9・「和尚」になって初めて一寺の住職になる資格が得られます。


それぞれの注意事項を

1・まず、出家させてくれる僧侶を得る。

 出家の覚悟というだけでも相当ですが、家族、親族、職場、等々説得し、理解を得なければならないでしょう。
 更に、得度してもらえる僧侶を探し、実際に出家するまでは・・・いやー大変です。
 もちろん修行中の身元引受人になるわけですから、なかなかおいそれとは引き受けてもらえません。
 これで上座という身分になりますが、40歳以上では10年以内に座元にならないと僧籍から抹消されてしまいます。
  
2・本山(永平寺や総持寺)又は地方僧堂に入る。

 一歩も寺から出れないと覚悟してください、当然、無収入です、修行中は失業手当も頂けません(修行期間は学歴等に依って異なっています)。
 「食う寝る坐る 永平寺修行記」を読んで覚悟を決めてください(笑)。
 決してお金を積んで「幽霊安居」なぞ選択しないように、安居の記録だけ作って実際には僧堂に居ず、その間、働いて収入を得ているなんて事は、最初から嘘、騙し、誤魔化しを重ねる事ですから。

3・制中(夏又は冬の集中修行・安居といいます)首座を勤める。

 修行僧の引き起こす悲喜交々、皆引く受けてやって下さい。
 どれだけ自分の成長に繋がる事か、今まで会社であった問題など所詮、利益と名誉のゴミ箱ひっくり返して大騒ぎしてただけだと分ります(笑)。
 現在、32ほどの僧堂が開単(修行)を行なってますが、夏冬の2回だけですから年に64人の首座しか誕生しない計算です、曹洞宗15000寺の跡継ぎを生み出すには到底足りないので色々抜け道(失礼)があります。
 
4・制中の最後に修行僧らと問答を戦う・・・法戦式を行ないます。

 大抵は形どおりの問答となりますが、中には当にダンマバトル(筋書き無しの真剣勝負)をしている所もあります。
通常の形式ではありますが、坐禅と托鉢の道場-御誕生寺「映像で見る」
御誕生寺の法戦式からどうぞ。

5・法を継ぐ師匠を得て、伝法してもらいます。

 お釈迦様から師匠そして自分まで朱線で繋がります、自分のお坊さんネームも師匠も、それ以降は一生変えることは出来ません(原則では)。
 自分の本当の師匠を探して、雲のように川の水のように全国を回って修行を続けている雲水も沢山居ます。 

6・僧堂を下りる決心をします。 
地方僧堂の一年がよく画かれています 。坐禅と托鉢の道場-御誕生寺「映像で見る」
映像で見る御誕生寺の四季 からどうぞ。

7・永平寺と総持寺の両本山で一夜住職を勤めます。
 それまで最底辺の僧が一夜にして住職待遇です、浮かれずにしっかり勤め上げましょう。

8・以上でやっと、「和尚」と呼ばれる位階になります。

9・「和尚」になって初めて一寺の住職になる資格が得られます。
 住職で黒以外の色衣を着ける許可が降ります。
 住職とは、家族・お寺・檀家・宗門・修行・仏教、全部一度に背負う事です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。